足の臭いの原因は1つじゃなかった!エチケットのためにも考えたい原因とと対策

足の臭い
お座敷で食事をしたくない・靴を脱ぐときに少し不安になってしまう。
そんな経験はありませんか?私にはあります。
足の臭いは自分で気が付かないというケースもあるので、ナーバスになってしまうこともあるものです。
そこで、足の臭いの原因と対策について知っておきましょう。

足の臭いはどうして発生してしまうのか

一言で言い表すのであれば「雑菌が繁殖している」ということになります。

雑菌繁殖の原因について第一には「靴」です。
靴を長時間履いていて蒸れた状態になっている。
靴の素材によって通気性が悪くなっている。
同じ靴を連日履いていることによって雑菌が増え続けている。

次に「靴下」です。
靴下の場合には、通気性を悪くしてしまう可能性が高く、汗をかいても履き替える事がないという場合には特に足の臭いが強くなつてしまうのです。

そして最後に「足そのもの」の問題です。
足をきれいに洗えていないなどということが要因となり、雑菌や古い角質が残ったままになりにおいのもとを生み出しているというケースです。
老廃物が雑菌に分解されて強いにおいになることもあるのです。

足の臭い対策はどのようなものがあるのか

具体的な対策ですが、靴の場合には「風通しの良い場所で履いた後は乾燥させる」ということです。
天日干しが理想的ですが、革靴など日光で傷んでしまう恐れがある場合には日陰星でも構いません。
長期保管をしておくというものにかんしては新聞紙を詰めておくというのも良いでしょう。

靴下の場合には、雑菌が残ってしまう可能性が高いことから洗う際には「一度すすいでから洗濯機にいれる」ことをおすすめしたいと思います。
また、5本指ソックスも有効的です。

足そのものである場合には、足をふやかしてから汚れを洗い流すこと。
石鹸を除菌タイプのものにすること。
お風呂上りには指の間もしっかりとふき取ることなどが日々できる対策となっています。

3つの原因とそれぞれに合ったアプローチを取り入れていくことで快適な環境を作っていただけるかとも思います。
そして消臭クリームを使うとかなり臭いを抑えることが出来ます。
銀イオンで臭いを消す市販品はあまり効きません。効き目が長持ちしないです。
パラフェノールスルホン酸亜鉛やイソプロピルメチルフェノール、柿タンニン配合の製品がおすすめですよ。